ちょっとしたことでうれしくなった話2つ~せこい話です~

 

     

うどん屋さんにて

 

近所に「今日はご飯作りたくないなあ」というときにお世話になっているおうどん屋さんがあります。

 

メニューは豊富で、ていねいな作業。

何を食べてもおいしいです!

 

でも、ご主人さんが無愛想(に見える)。

(だから、積極的な利用になっていなかったのですが)

 

食べ終わったあといつもオットと「もっと楽しそうに働けないものかしらね~」なんて言いながら帰っていました。

 

ところが数日前、カウンターに二人並んで食べていたら、そのご主人さんが、

「これ、途中が少し切れているのですが、食べてもらえませんか?」と

揚げたての大きなエビの天ぷらを出してくださったのです!

 

熱々、フワフワ、美味でした^^

 

天ぷらを注文した方用に揚げたようですが、エビがちょっと切れかかっていたのでしょうか?

よくわかりません。

とにかく何が問題なのかわかりませんが、完璧ではなかったもよう。

 

完璧ではないもの(?)をもらって喜ぶのもなんですが、全然気にしない私たち夫婦。

 

「あのご主人、無愛想そうに見えるけれど、そんなお顔なのね。」

すっかり、ご主人への見方まで変えてしまった現金な私たちでした。

 

傘屋さんにて

 

1週間ほど前のこと。

帰宅したオットが「傘の柄が壊れた。」と言いながら部屋に入ってきました。

 

10年くらいは使っている傘でしょうか。

「買い替える?」と聞いたら、

「柄以外はどうもないから修理してもらう」との返事。

 

購入したお店にて修理依頼。(オットが)

修理費は2000円ほど、4日後に修理完了と言われたそうです。

 

私は内心買い替え時かもね~と思いましたが、オットに任せました。

 

ところが待っている間に、「あの傘の無料修理券を持っている」と言いだしました。

10年前の傘です!

 

「その修理券はたぶん柄の交換用ではないだろうね」と言いつつ、券を持って受け取りに行ったのですが。

 

2000円ほどと言われていた修理費用でしたが、1650円の請求。

そこでオットが、「こんな券があるのですが~」と無料修理券を出したら、「では1000円頂きます」とのお返事。

 

10年も前の券にイヤな顔一つ見せず値引きしてくださったお店の方。

ありがとうございました。次もそちらで購入させて頂きます。

オットも、よくもまあ10年前の券を忘れずに取り出したものです。

 

オットは、傘を使用したあとは必ず玄関に広げ乾燥させ、その後きちんとプリーツを畳み、所定の場所に置いておくので、傘もきれいなままです。

しばらくは持つのではないでしょうか。

 

せこい話二つで恐縮ですが、幸せな気分になったできごとでした。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

にほんブログ村