心やさしいムスメ?!とテトラポットの思いで

ムスメが小1の頃

 

私とオットはしばらく夜釣りにはまっていました。(ムスメはイヤイヤ連れて行かれていました)

 

夜釣りと言っても、波止場での釣り。

共働きだったので、行くのは土曜日の夕方のみ。お弁当をこしらえ、レジャーシートを持って、わが家から片道1時間半くらいの海に行っていました。(若かった~)

 

防波堤釣りは楽しいのですが、困るのはトイレ。

 

車に乗って、コンビニに行き、なにやら買ってトイレを借りればいいのですが、釣りの途中だと、かなりめんどう。

で、ついついテトラポットの陰とかで用を足すことになるわけです。

 

でも、いつ誰がくるかもわかりません。

それで、見張りのためにムスメについてきてもらったときのこと。

 

大急ぎで用を足していたら、突然背後からピカッと光が!

 

 

「エ~!!!なに~???」



犯人はムスメでした。

ムスメが私に懐中電灯を向けていたのです。

「暗いと、お母さんが困るかなと思って。。。。」

 

時々思いだしては、笑ってしまう出来事です。

 

 

↓ポチッと押してもらえたらうれしいです

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村