新小学一年生のお勉強~わが家の場合~

 

f:id:seaside77:20200308144607p:plain

 

お子さんが小学校に入学する。お子さんも、ドキドキでしょうが、親御さんもドキドキだったりしますよね。ムスメが小学に入学したのはもう20年ほど前。一人っ子だったので、サンプル1ですが、私がやってみて、よかったなあと思うことを紹介します。

 

 私が意識した4つのこと 

 

連絡帳を大切にする 

連絡帳。入学当初は、家庭と先生双方が何か用があるときに書き込んで、子どもに持たせるようですが、6月も半ばを過ぎると、先生が板書されたことなどを、子ども自身が書いて、持ち帰ってくるようになります。(後には子ども自身が考えてメモしたり)

 

1年生の子どもにとっては、これをていねいに的確に書くだけでも、なかなかの一大事です。

私は、確認印を押すだけではなく、「じがじょうずになりましたね。」とか「あしたのフェスティバルはたのしそうですね」とか、内容に応じ、ちょっとしたひと言を楷書で書くようにしていました。

そうすると、子どもも私の書くことを楽しみにするし、先生も意外に見て下さっていて、話に加わってくださったりするのです。

 

音読の時間を楽しむ 

ムスメが小学校低学年の頃は、音読をして、それを親に聞いてもらい、サインをもらってくるという宿題がよく出されていました。(今もそうでしょうか?)

私は当時フルタイムで働いていましたが、その時間だけは(といったところで10分かそこらですが)、100パーセント、ムスメの音読に集中し、その物語の中身やムスメの読み方について、ムスメとあれこれ言い合って、楽しんでいました。 

教えすぎない 

子どもは時々、わからないところを聞いてきたりします。そういうときに、ここぞとばかりにあれこれ教えようとせずに、聞かれたことだけを教えるようにしていました

 

妊娠中か出産後か忘れましたが、ある科学者の「教えすぎるのはよくない。子どもに教えるときは70パーセントくらいにとどめると、子どもはほっといても、もっと知りたいと思うものだ。それを、もっともっとと詰め込むからやる気がなくなるのだ」ということばが心に残っていたからです。いろんなことばに触れたでしょうが、このことばは、なぜだか強烈に印象に残こり、子どもと接するときの指針になったように思います。 

 

行き着くところ、「地球のどこかでこの人が幸せに生きていてくれたらありがたい」 

とは言え、子どもと接していると「あ~、もうね~」「もっとこうしたらいいのに」「どうしてこんなことを!」と思うこともあります。

 

たまには感情的になったこともありますが、たいていは「自分の子ども時代と比べたら上出来」とか「ま、言うだけのことは言ったのだから、あとはこの人の問題。子どもにあれこれ言わずに、私自身が勉強しよう」なんて思っていました。

親がそんなだと、子どももそのうちそれなりに取り組みます。

 

あといつも思っていたのは(大人になった今でも)「地球のどこかでこの人が幸せに生きていてくれたら、ありがたい」ということです。

だって、ふだん通り、ただ道を歩いていただけなのに、その時崖が崩れて亡くなる人もいるのですから。それを思えば、生きていてくれるだけでありがたい。

 

おまけ

入学式が終わってゆっくりしたときに、ムスメと二人で本屋さんに行き、ドリルや参考書を買いました。

あらかじめ使用する教科書の出版社をメモしておき、その出版社が出しているものの中から、各教科1冊ずつムスメに自由に選ばせました。

追われることが嫌いなムスメは、薄いものばかり選びましたが、ムスメの好きにさせました。

そのドリルなどは、互いにヒマなときにやらせ、私が○をつけてやりました。(2年生からは自分で○をつけるやり方に変えました) 

 

こう書くと、なんだかりっぱな感じですが、やったことは1日10分程度です。それもできないときもありました。でも、それがその時の精一杯。

(入学式にカメラを忘れ、そのうちランドセル姿を撮らなくちゃと思い続け6年。ランドセル姿の写真は1枚もない。そんなもんです。)

あとは塾も通信教育もなしでのんびり過ごさせました。

夕ご飯が楽しみで、元気に登校してくれたらいい!」くらいの気持ちでした。

(もっとも彼女は低学年の頃は学校に行くのが憂鬱で、毎朝メソメソしていましたが)

 

でも、少しずつ成長し、大学生になり、就職し、元気に暮らしています。

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村