開けて思わず笑ってしまったプレゼント

ムスメのだんなさんご実家よりお歳暮届く♪

 

発泡スチロールに入ったものでしたから、生ものだなということはわかりました。

 

開けてみたら▼

f:id:seaside77:20211220143016j:plain

 

きれいな氷の間に、ズワイガニ香箱ガニと甘エビが!カニにはなにやらタグがついていました。

 

1年前の金沢で

 

今年の1月、両家の顔合わせで訪れた金沢。▼

 

www.seaside77.com

 

カニ好きのオットは、冬の北陸でズワイガニ香箱ガニを満足いくまで食べることを楽しみにしていたのですが(それこそ、人生でやり遂げたいこと10のうちの一つみたいな感じでした)、カニのシーズンは終わっているということで、その夢は叶いませんでした。

 

カニには許されたシーズンがあるとのこと。

もちろん多少のカニはいただきましたが、オットが夢見ていた姿ではなかったようでした。

 

その時のオットの言動を見ていた、ご実家のご両親さんが、上の贈りものをしてくださったというわけです。

 

思わず笑ってしまいました。

 

喜んでもらいたいという思い

 

カニもエビも高価なものですが、それ以上に、ご両親の「オットを喜ばせたい」という思いが伝わってきて、すなおにありがたいなあと思いました。

 

高価なものをいただくと、反射的に「お返しは何にしよう」なんていう思いが頭をよぎったりしますが、そういうよこしまな思いは浮かびませんでした。

 

私たちも、高価なものは送れませんが、お相手が喜んでくれそうなものを贈ろう♪そして、気持ちよく、長いおつきあいをしていこう♪と思いました。

 

おしゃべりの輪

 

ふだんは、もののやりとりをしても、私と、あちらのお母さんとの話だけで終わるのですが、今回はオットにも電話に出てもらいました。

 

オットは感激屋さんなので、話が盛り上がり、あちらのお父さんも登場し、久しぶりに、4人ともでお話をすることができました。

 

今回のカニは、お父さんの知り合いの魚屋さんに「いいカニが入ったら送って下さいと」頼んでいたとのこと。

で、ムスメの方に「お母さんたちは丸ごとのカニが届く方がいいかしら?食べやすい形にした方がいい?」と聞き、食べやすい形にしたとのことでした。

 

f:id:seaside77:20211220144546j:plain

 

ふだんはカニなど、さして食べない私も、おいしいし、ありがたいし、食べやすいしで、自分史上最大に食べました。

 

「○○はいい人と結婚したよ」というオットのことばをムスメに伝えたら「なんとゲンキンな」との返事。

 

いろいろなことに感謝するひとときでした。

 

ランキングに参加しています。ポチッと押していただけたら、うれしいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村